<< 自分でむち打ち症を作ってしまう | main | 腰痛予防にゴリラ体操 >>

ボキボキ鳴らすのをやめるには

ボキボキ鳴らすことが良くないことだとわかっても、癖になってしまったものをやめるのは並大抵のことではありません。

その一番の問題は、「ボキボキ鳴らすとスッキリする」ということです。

頚の周りが苦しくなった時に一回頚をひねってボキボキとしてしまうと、一時的にしろ、かなり楽になります。

しかし、それと同時に頚が重くなる原因を作っているわけですから、決して良いはずがありません。

実際この癖を無くしただけで、特に治療することなく頚の症状が軽くなってしまうこともあります。

それでは、頚が重たくなってきたら、どうしたら良いのでしょうか。


まず、軽いストレッチをやってみましょう。

重苦しい部分の筋肉が伸びるように頚を曲げ、しばらくその位置で止めておくというものです。

このとき、決して無理に伸ばさない様、ほんの少し張り感のあるところで止めるようにしてください。

頚を支えている筋肉の血行を良くするために、頚の骨と肩甲骨をつないでいる筋肉を伸ばしたり縮めたりするのも良い運動です。

肩を上げたり下ろしたり、胸を張ったりすぼめたりと、肩甲骨をいろいろな方向に動かしましょう。

少し進んで、頚の周りの筋肉を強める運動をするのも効果的です。

手を頭に当て、手と頭とで力比べをするように数秒間力を入れてから力を緩めます。

頭の前、後ろ、横、斜めと、いろいろな方向からやると良いでしょう。

しばらくの間は、ラジオ体操等のように反動をつけて頚をぐるぐる回すのは、やめておいてください。

上記の様な方法でしばらく我慢していると、頚を鳴らさなくても何ともなくなるはずです。

そして今までグラグラだった関節が安定してくれば、きっと症状も軽くなってくることでしょう。
 

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
:携帯用サイトです
このサイトは、携帯用に最適化されております。
PCをご利用の方は、
長野県下伊那郡の整体院、佐野カイロプラクティックオフィス
もしくは、
佐野カイロ(ブログ)
をご覧下さい。
お問い合わせ・ご予約
当院は予約制です。お電話でご予約ください。
0265-35-7411

平日
 9:00〜12:00,14:00〜18:00

休診日:日曜日/祝祭日の午後
selected entries
categories
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode