<< 頚をボキボキ鳴らすことがなぜいけないのか | main | 自分でむち打ち症を作ってしまう >>

治療でボキボキするのは…

さて、「治療的意義がない」と書きましたが、「カイロプラクティックや、整体の治療でも、ボキボキするではないか」と思われる方も多いと思います。

確かに、治療上ボキボキすることがあります。

カイロプラクティックでは、動きの悪くなった関節を動くようにすることが、治療上重要な位置を占めています。

そこで、触診によって動きの悪い関節を探し出して、その関節を動かすためにそのようなテクニックを使う場合があります。

通常は、ある1カ所の関節をねらって矯正しますから、矯正音は「ボキッ」と一回だけ鳴るのが普通です。

一回の矯正で何回も音が聞こえると言うことは、矯正する際の頚のひねる角度が悪かったり、ひねる強さが強すぎて目的の関節以外の場所まで動いてしまったということです。

逆に音がしなくても、矯正の後、動かなかった関節が動くようになっていればそれで良いということです。

以前は、カイロプラクティックの治療でも体中の関節をとにかくボキボキして「ズレていた骨がもどった」と言って治療していた先生がいらっしゃいました。

しかし、カイロプラクティック治療によってグラグラになってしまった関節が新しい症状の原因になっている場合もあることが明らかになってきました。

そのため、今日では、やたらにボキボキ鳴らす先生はいなくなってきています。

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
:携帯用サイトです
このサイトは、携帯用に最適化されております。
PCをご利用の方は、
長野県下伊那郡の整体院、佐野カイロプラクティックオフィス
もしくは、
佐野カイロ(ブログ)
をご覧下さい。
お問い合わせ・ご予約
当院は予約制です。お電話でご予約ください。
0265-35-7411

平日
 9:00〜12:00,14:00〜18:00

休診日:日曜日/祝祭日の午後
selected entries
categories
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode